携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

1 土地賃貸借契約の終了

(2)法定解除

(ホ)賃借権の無断転貸・譲渡の場合の解除手続
  • 賃貸人に無断で賃借権の譲渡や転貸を原因として、賃貸借契約を解除する場合の手続きを教えてください
  • 解除の方法については、地代の不払いの場合とは異なり、催告を要することなく直ちに解除の意思表示をすることができます。この場合、後の紛争を防止するために、解除の意思表示は内容証明郵便によるべきです。
    なお、この解除権については、民法167条1項 (債権の消滅時効の規定)が適用され、無断譲渡・無断転貸による当該土地の使用収益が開始されたときから10年を経過したときは時効によって消滅します。
    したがって、無断譲渡・無断転貸の事実に気づかずに10年間経過してしまうと、もはや解除ができなくなりますので注意して下さい。