携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

1 土地賃貸借契約の終了

(3)期間満了

(ハ)期間の定めがない場合
  • 借地借家法(借地法)の適用されない土地賃貸借契約において、存続期間の定めがない場合に、貸主が借主より貸地の明け渡しを受けるためには、いかなる行為をするべきなのでしょうか
  • 民法は、賃貸借の期間を定めなかったときは、貸主及び借主は、いつでも解約の申入れをすることができ、この場合においては、土地の賃貸借は、解約の申入れの日から1年間を経過することによって終了する、と規定しています(民法617条)。
    すなわち、賃貸借の存続期間の定めのない貸地の場合は、貸主は、いつでも解約の申入れができ、解約申入れの意思表示が賃借人に到達してから1年経過した時に賃貸借契約は終了します。
    したがって、貸主はその時点で借主に明渡請求をすることができます。
    なお、借地借家法(借地法)の適用がある場合と異なり、解約の申し入れには、明渡料等の正当事由は必要ありません。

    * 解約の申入れとは、契約を将来に向って終了させる意思表示のことをいいます。