携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

1 土地賃貸借契約の終了

(4)正当事由

(イ)土地の必要性
  • 私は土地を賃貸しているのですが、その土地を使う必要が生じたので、次回の賃貸借契約の更新を拒絶したいと考えています。ところで土地の賃貸借において、賃貸借契約の更新を拒絶するためには正当な事由が必要であると聞きました。私のように、自己使用の必要性から、土地の賃貸借契約の更新拒絶をした場合、正当な事由として認められるでしょうか

  • 正当事由の有無の判断
    正当事由は、下記(1)から(4)等から判断されます。
    (1) 借地権設定者及び借地権者が土地の使用を必要とする事情(自己使用の必要性)
    (2) 借地に関する従前の経過
    (3) 土地の利用状況
    (4) 借地権設定者が土地明け渡し後の条件として又は土地の明け渡しと引換えに借地権に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出
    自己使用の必要
    正当事由の有無は上記の要素を総合的に考慮して判断されますが、一般に自己使用の必要性は最も重視される判断要素と考えられており、自己使用の必要性がある場合には正当事由を肯定する方向に大きく傾きます。
    これに対して正当事由を否定する賃借人側の事情としては賃借人が高齢であるとか病身であるなどです。もちろん、自己使用以外の要素も具体的事情として考慮されます。
    そして、貸主側としては明渡料の提供(同条の「財産上の給付の申出」)によって、自己の正当事由を補うことができます。
    以上より、更新拒絶に正当事由が認められるか否かは、ケース・バイ・ケースになりますが、自己使用の必要性が認められる本件においては、正当事由は認められやすいと思われます。