携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

1 土地賃貸借契約の終了

(5)その他の問題

(イ)建物買取請求権
  • 建物所有を目的として土地賃貸借契約が終了した場合に、借主は、土地上の建物を貸主に買い取ってもらうことはできないのでしょうか

  • 建物買取請求権
    建物買取請求権とは、建物所有を目的とした土地賃貸借契約が、存続期間の満了により終了した場合において、借地権者が土地の賃貸人に対して、建物を時価で買い取ることを請求する権利(借地借家法13条)、及び、建物所有を目的とした土地賃借権の譲渡を貸主が承認しない場合に、その借地上の建物などを取得して借地権を譲り受けようとする者はその貸主に対して建物を時価での買取を請求できる権利といいます(同条14条)。
    したがって、建物所有を目的とした土地賃貸借契約が、存続期間の満了により終了した場合に、借主は貸主に対して、土地上に存する建物を時価で買い取るように請求することができます。
    建物買取請求権の効果
    借地権者がこの建物買取請求権を行使した場合には、その建物の所有権は当然に土地の貸主に移転し、土地の貸主には建物の時価相当額を支払う義務が発生します。
    借主の債務不履行により賃貸借契約が終了した場合
    建物買取請求権は誠実な借主を保護するための規定であり、賃料不払い等の債務不履行をした不誠実な借主までをも保護する規定ではありません。
    したがって、借主の債務不履行により賃貸借契約が終了した場合には、借主は建物買取請求権を行使することはできません。