携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

2 建物賃貸借契約の終了

(3)法定解除

(ロ)賃料不払い
  • 賃貸借契約を賃料不払いにより解除する場合の手続きを教えてください
  • 賃借人に信頼関係を破壊するに足る賃料の不払いがある場合、賃貸人は相当の期間を定めて滞納した賃料を支払うよう催告したうえで、賃借人がその期間内に賃料を支払わない場合に契約を解除することができます。
    履行の催告には相当の期間を定めて行なう必要がありますが、賃料不払いでは1週間から10日もあれば社会通念上相当な催告期間ということがいえます。
    なお判例では、不相当な期間または期間の定めのない催告でも、催告後相当期間が経過すれば契約を解除することができるとされています。