携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

2 建物賃貸借契約の終了

(3)法定解除

(ロ)賃料不払い
  • 賃貸人に無断で賃借権の譲渡や転貸がなされた場合、賃貸人は、賃貸借契約を解除することができますか
  • 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ第三者に賃借権を譲渡したり、賃借物を転貸したりすることはできません。このことは法律の明文で規定されています (民法612条1項)。
    したがって、賃借人が賃貸人の承諾を得ずに第三者に賃借権を譲渡したり、 賃借物を転貸したりした場合には、賃貸人は賃貸借契約を解除することができます (民法612条2項)。
    もっとも、無断譲渡・転貸といえる場合でも、賃貸人に特に不利益を与えることがない一定の場合、つまり背信行為 (信頼関係を破壊する行為)と認めるに足らない特別の事情がある場合には解除は認められないという例外があります(信頼関係破壊理論については、「Q 賃貸借契約では信頼関係破壊理論というものがあるそうですが、どのようなものですか」を参照して下さい)。
    賃借権の無断譲渡・無断転貸が認められなかった事例については、「Q 賃借権の無断譲渡・転貸があった場合において、解除が認められなかった事例にはどのようなものがありますか」を参照して下さい。