携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

2 建物賃貸借契約の終了

(3)法定解除

(イ)
信頼関係破壊
Q.
賃貸借契約では信頼関係破壊理論というものがあるそうですが、どのようなものですか
Q.
建物賃貸借契約において、賃借人の直接の契約違反はないものの、賃借人の行為に問題があり、賃貸借契約を継続することが困難な場合、賃貸借契約を解除することはできないでしょうか
Q.
建物賃貸借契約において、賃借人に賃料不払いがあった場合には、賃貸借契約を解除することができますか
(ロ)
賃料不払い
Q.
賃貸借契約を賃料不払いにより解除する場合の手続きを教えてください
Q.
賃貸人に無断で賃借権の譲渡や転貸がなされた場合、賃貸人は、賃貸借契約を解除することができますか
(ハ)
賃借権の無断譲渡・転貸
Q.
賃借権の無断譲渡・転貸があった場合において、解除が認められなかった事例にはどのようなものがありますか
(ニ)
用法違反
Q.
建物の賃借人が、賃貸借契約で定めた目的以外の目的で建物を利用している場合、賃貸借契約を解除することはできますか
Q.
賃借人の用法違反により、建物賃貸借契約の解除が認められた事例には、どのようなものがありますか
(ホ)
無断増改築
Q.
賃借人が、賃貸人に無断で、建物を増改築した場合、賃貸借契約を解除することができますか
Q.
建物の賃借人による無断増改築を理由として、賃貸借契約の解除が認められた事例には、どのようなものがありますか
Q.
建物の賃借人による無断増改築を理由として、賃貸借契約の解除が認められなかった事例には、どのようなものがありますか
(ヘ)
保管義務違反
Q.
賃借物の保管状態が悪い場合、賃貸借契約を解除することは可能ですか