携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

2 建物賃貸借契約の終了

(6)その他の問題 

  • 私は、アパートの一室を賃借しています。そのアパートは、不動産業者が所有者から一括してすべての部屋について借り受け、私はその不動産業者から賃借するという形式になっています。ところで、先日そのアパートの所有者から通知があり、その通知には「不動産業者が家賃を支払っていないので不動産業者との賃貸借契約を解除した。従って、建物の明け渡しを請求する。」という内容のものでした。私は、不動産業者に対して、家賃を支払っていたのですが、私はアパートを明け渡す義務があるのでしょうか

  • 一般的な考え方
    本件における賃貸借契約をめぐる法律関係については、アパートの所有者が不動産業者に賃貸し、不動産業者があなたに対してアパートを転貸しているという法律関係になっています。
    この場合、あなたの賃借権は、不動産業者のもっていた賃借権を前提として成立していることになります。
    そうすると、アパートの所有者が不動産業者との賃貸借契約を解除した以上、不動産業者の賃借権は消滅し、その結果、あなたと不動産業者の間の賃貸借契約も自動的に終了することになります。
    従って、あなたはアパートを明け渡す義務があるという考え方が一般的です。
    その他の考え方
    もっとも、建物の所有者からあなたのような転借人に対して、賃貸借契約の解除の際に、事前に弁済の機会を与えていない場合には、建物の所有者は公平の観点から転借人に対して、建物の明け渡しを請求することができないという考えもあります。
    また、仮に、建物の所有者が不動産業者との賃貸借契約を解除したとしても以後は建物の所有者と転借人との間で直接賃貸借関係が生じるという考えもあります。
    従って、あなたに明け渡し義務が生じないとする余地もあるでしょう。